いいダイヤモンドを購入するポイントは何ですか?

ダイヤモンドの善し悪しを素人の私たちが判別できれば、これほど良いことはありません。

しかし実際には不可能なこと。

そこで後悔しない基礎知識・心構えをお話ししておきます。

●素人には鑑定不可能な判別への一歩。

いいダイヤモンドか質の悪いダイヤモンドかを見分けることは、素人の私たちにはなかなか難しいものです。

そこでまずダイヤモンド選びの基礎知識として「4C」程度のことは知っておきましょう。

カラット(Carat)、カラー(Color)は、比重と色味を表す基準です。

そして、カット(Cut)、クラリティ(Clarity)は、ブリリアントカットなどのカット技法と、輝き・透明度を表す基準です。

この4つのランキング(鑑定結果)が高いか低いかで、ダイヤモンドの価値が決まります。

●4Cの基礎知識と鑑定書を念頭に。

この4Cを知っておけば、割高なダイヤモンドを購入して後悔するようなこともありません。

この4Cは鑑定書に必ず記載されています。

チェックをし、宝石店の担当者から良く話を聞くことです。

たとえばカットの技法が少し劣るけれども、輝きが十分で形にも満足できるのであれば、鑑定書の評価が低い分だけ、お値打ち品でお得という考え方もできます。

一見しただけではわからないので、逆にそこが狙い目になります。

●ダイヤモンドが良質かどうかは鑑定書だけを頼りにしないこと。

自分がそのデザインを好きかどうかも大事です。

とくに婚約指輪や結婚指輪は、一生の記念に残るものです。

鑑定書のダイヤモンド評価は市場の価値を表しているものですが、そうではなく、自分が好きなダイヤモンドか、デザインかが大切な要素にもなります。

有名店なら鑑定書に偽造はありません。

リアル店舗に行って、納得できるまで説明を受けることです。

購入後に自分でメンテナンスをしっかりする事もおすすめします:あの人からの大事な指輪。基本的なお手入れ方法

Comments are closed.