ダイヤモンドの鑑定に関係する4C。そもそも4Cとは何ですか?

ダイヤモンドなど宝石では4Cとよく言われますが、それと鑑定とはどんな関係があるのでしょう。

宝石店の言うお値打ち品とは何でしょうか。

お話ししましょう。

●4Cとは鑑定評価に関わるトップ項目。

ダイヤモンドの鑑定に不可欠な要素とされるのが4Cです。

4Cとは、比重を表すカラット(Carat)、原石の色・色彩そのものを表すカラー(Color)、ダイヤモンドの形状を決定づけるカット(Cut)、輝き・透明度を表すクラリティ(Clarity)の4要素のことです。

ザックリした表現になりますが、この4つ状態をダイヤモンド鑑定でランク付けして全体の評価が決まります。

●ダイヤモンドの輝きや形を左右するもの。

ダイヤモンドの価値は先にお話しした4つのランクが高いほど、高価値=高額となります。

これらのランクはすべて鑑定書に記載されていますので、ダイヤモンドの購入時には必ずチェックしましょう。

ブリリアント・カットが施されていても、輝き・透明度を表すクラリティ(Clarity)の鑑定評価が低いものは、十分な輝きを得られていません。

またカット(Cut)が十分でないものは、左右のバランスが悪かったりもします。

●ダイヤモンドの評価は素人の目には判断のつきにくいものです。

いずれも鑑定書の評価と照らし合わせて購入時の参考にしましょう。

少々ダイヤモンドの形が左右アンバランスでも、輝きが不十分でも、素人目には判断がつかないものです。

その意味では鑑定評価が低くても、結婚指輪のダイヤモンドとしては格安でお値打ち品という商品もあります。

定員の説明を注意して聞きましょう。

Comments are closed.